PACK in STYLE vol5
159/160

材質により、下記のような特徴があります。注意事項をご確認の上、ご使用ください。● PS(ポリスチレン)…透明性が高く、耐衝撃性が弱い材質です。耐熱温度は80℃~90℃です。● OPS(二軸延伸ポリスチレン)…透明性に優れたスチロール系樹脂です。耐熱温度は80℃です。● PP(ポリプロピレン)…主に半透明で、耐熱性が高い材質です。耐熱温度は100℃~110℃です。● A-PET(非結晶ポリエチレンテレフタレート)…優れた透明性・保香性・耐油性のある材質です。耐熱温度は60℃です。● PC(ポリカーボネート)…透明性が高く、割れにくい耐熱材質です。耐熱温度は130℃です。● PVC(ポリ塩化ビニル)…透明性があり、耐熱温度は60℃です。※耐熱温度は保証値ではありません。容器の厚み、形状、使用状況にて異なります。必ずテストしてからご使用ください。● 掲載商品は2019年4月現在のものです。● 掲載商品は諸事情により、仕様の変更や生産中止等随時変更となる場合がございますので予めご了承ください。● 掲載商品は印刷の都合上、写真と実物の色や風合いが若干異なる場合がございます。● イメージ写真はあくまでイメージとなります。また、写真内の小物は商品に含まれておりませんので予めご了承ください。● 一部商品によっては条件等により送料がかかる場合がございます。● 必要な商品サンプルはご指示頂ければご用意いたします。(一部サンプル料、送料等がかかる場合もございます。)● 商品によっては、サンプルがご用意できない場合がございます。● 弊社では名入、箔押などの加工やオリジナル品の製作なども随時承っております。● 商品に関するご質問、ご相談等、お気軽にお問い合わせください。● 本カタログに掲載の写真、記事、デザイン等の無断転載、複製転用を禁止します。● 本誌に関するご質問や万一不明瞭な個所がございましたらお手数ですが弊社までお問い合わせください。● 密封外装ではありませんので、使い始めは中性洗剤などで洗ってください。● 直火にて加熱しないでください。● 電子レンジ、オーブンで使用する場合は本品自体も熱くなりますのでご注意ください。● 急熱、急冷はさけてください。急激な温度変化で割れることがあります。冷凍庫には入れないでください。● 陶器は吸水性があるので長時間水に付けたままにしないでください。● 冷凍庫でのご使用はできません。ひび割れ破損等の原因になりますのでご注意ください。また食器洗浄機のご利用は衝撃などでワレ、カケ等破損の原因になります。● 陶器は焼き物ですから、焼成時の変化によりサイズ、容量、色が若干変わることがありますのでご了承ください。サイズ、容量は目安です。● 密封外装ではありませんので、ガラス食器の使い始めは中性洗剤などで洗ってください。その際ガラスを傷つける恐れのある研磨剤入のスポンジ、金属たわし、クレンザーなど使用しますと破損の原因になります。● ガラスは急激な温度変化(特に急冷)で割れることがあります。ガラスが熱いうちに冷たいものを入れたりぬれたところに置かないでください。● ガラスは傷がつくと破損しやすくなります。ガラス同士あるいは硬いものとぶつからないように扱ってください。● ガラス製品を積み重ねますと、破損したり外れなくなったりします。スタック専用のガラス以外は積み重ねしないでください。● 側面や底面の傷のように見える筋や凹凸は製造時に発生するもので不良品ではございません。● 自然素材を使用した手作り加工品のため、色合い及びサイズなど実際と多少異なる場合があります。● 湿気を帯びるとカビることがありますので通気性の良い所で保管してください。● 直射日光の当たる場所や極度に乾燥した場所での保管はお避け下さい。変色、割れの原因となります。● 直接食品に触れないようにご注意ください。● 電子レンジでは使用しないでください。● 火にかける際は必ず中身の入った状態でのご使用をお願いします。● 酸や塩分の強い食品を長時間包装しておくと、腐食したり浸食されて穴があく場合があります。製品取扱い上の注意本誌に関するおことわりプラスチックカップ…シート成形製品について陶器製品についてガラス製品についてアルミ製品について自然素材製品(バスケット、かご類)について

元のページ  ../index.html#159

このブックを見る